Sakak's Gadget Blog

商店街、街並み、旅先で出会った瞬間を夢中になって撮っています。名古屋。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

【時事】メダルの有無が全てではない~ロンドン五輪~

f:id:keisuke9498:20120812083332j:plain

敗者に伝えたい 君たちは素晴らしい - 爲末大学 オリンピックを考える コラム ロンドン五輪 : nikkansports.com

 

この記事がとても良かった。私自身も、印象に残るシーンの1つに「女子レスリングで1回戦で敗退が決まった浜口京子選手の姿」があった。

 

引用:

五輪後、帰国して成田についた選手団は2つのバスに分けられる。メダリストを乗せたバスと、そうではない選手のバス。選手たちは否応無しに、帰国した瞬間その差を意識する。

 

五輪の日本代表選手ということは、日本で一番強いということだ。五輪で我々ができることは、その日本一の彼ら・彼女らを必死で応援すること、そして帰ってきたら「我々の代表として戦ってくれてありがとう、お疲れ様」と言葉をかけることではないのか。

 

メダルを取ったか取れなかったかの差がそれほどに露骨なのは、単にマスコミの都合なんだろう。でも、メダルというのは、わかりやすく順位をつけた”記号”であって、それが全てではない、と思う。メダルのあり・なしが、勝ち組・負け組という雰囲気が嫌いだ。

 

引用:

人は結果によって努力に報われるのではなく、何かに夢中で努力しているその毎日は確かに輝いていて、それが報酬なんじゃないか。今はそう感じている。

 

この言葉は重いと思う。私も、自分の人生の経験からも、本当にそう思う。表舞台をずっと歩いていける選手もいるだろう。それとは逆に、なかなか五輪というタイミングで結果を出せない選手もいるだろう。ただ、その日、その瞬間が全て、ではないと思うんだ。

 

これから日本代表の選手達が帰国してくると思うが、私は敗れた選手達にも注目し続ける。これからも。

 

以上。

 

#こちらの記事も更新しました。

【レストラン】豆腐だけどお腹も満足で財布にやさしい~とうふや豆蔵~ - Sakak's Taberu Blog