Sakak's Gadget Blog

商店街、街並み、旅先で出会った瞬間を夢中になって撮っています。名古屋。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

【雑記】CMのクオリティは落ちてない。

TV番組の求心力は、ネットやソーシャルメディアが台頭したことで、相対的に落ちていると思う。でも、CMはキラリと光るものを時々目にすることができる。なぜだろうか?

 

おそらくそれは、30秒という限られた枠の中に魅力が凝縮されたものだからだろう。無駄なセリフやシーンは1秒たりとも無い。30秒の中につかみがあり、盛り上がりがあり、オチがある。そこに多くの労力と時間がつぎ込まれ、その結果生まれてきたものだから。

 

CMは面白いね。むしろ、レベルの高いものが増えてきたのではないかとさえ思う。好きなCMたちをいくつかのせます。

 

▼H.I.S「台湾CM(30秒)」

「コブクロ(蕾)」+「シナリオ」+「平泉成の演技」。やられました。

 

大和ハウス「ここで、一緒に 野党篇(60秒)」/リリーフランキー深津絵里

キャスティングの時点でCMとしては成功したようなもの。二人の演技力が抜群に高いし、二人のマッチングも最高。レベル高い。

 

▼積水ハウス「3階のカノジョ 第4話(30秒)」/剛力彩芽

剛力彩芽がうまく演じきったというよりも、今の彼女の魅力を100%出すためにはこのシナリオでこの役だったのだろう。キャスティングの妙。

 

大成建設ボスポラス海峡トンネル篇(30秒)」/監督:新海誠

秒速5センチメートル」という大好きな映画の監督が作ったCM。30秒の中に1つのドラマがくっきりと浮かび上がる。

 

以上。