Sakak's Gadget Blog

商店街、街並み、旅先で出会った瞬間を夢中になって撮っています。名古屋。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

【雑記】そこに立った者だけが撮れる写真

Rainy_day_station

写真を撮ることに興味を持ち始めた時に考えていたことは「カッコ良い写真を撮りたい」だった。

 

今は、そこから随分と気持ちが変わったように思う。カッコ良い写真が撮れたら、それはたしかにうれしい。でも「カッコ良い写真って、写真の知識やカメラのテクニックだけで撮れるものじゃないんだ」ってジワジワと気づいてから、考えが変わってきたんですよね。

そもそも、その「カッコ良い」と思っていた自分の感覚自体が変わってきたり。そもそも、うまく撮れた写真を眺めて「これは成功!」「これは失敗!」みたいな、写真ってそんなもんじゃないよなーとか思い始めてきて。

 

撮りたい場所を目の前にして、その被写体を眺め、深呼吸。そして、カメラを構えてファインダーを覗き、シャッターを押す。押す。押す。この瞬間が、なんだか最高潮なんですよ。あのシャッター音が耳から入ってきて、指や手のひらから「撮っている感触」が伝わってきて。あの感触、感覚を味わってしまうと後戻りできないなあ、と思います。

 

うまく撮れたかどうかは、撮っている最中にもう自分でわかっている感じです。「明日、あそこに撮り行こう」って決めてからニタニタしている自分がいて、そこから気持ちは動き始めていて、シャッターを押した瞬間に全てが終わっている、みたいな。

 

JPEGの写真データの出来栄えって、そこから考えると、だいぶ後ですもんね。全てが終わった後。というより「次の写真への始まり」って行ったほうが良いのかな。次は、ここに撮りに行こうとか、次はこういう写真を撮ろうとか、そういうキッカケにはなる。

Suehiro_3a

カメラの使い方、カメラ機材、テクニックというのは、私はあまり持ってないです。必要な時に、必要な分だけ手に入れればいい、というスタンスです。

 

そう思う理由の1つに、「(カメラや写真の)知識を得ること」や「機材を多く手に入れること」よりも、もっと重視していることがあるからです。

 

それは「そこに立った者だけが撮れる写真を撮ること」です。写真もブログも自己表現の1つだと思っています。で、私は目立ちたがり屋だから、自分らしさを出したいと強く思う。カメラや写真の知識もあまりなく、機材もそれほど多くない私が自分らしさを出せる写真って何だろう?って考えた時、それは「そこまで出かけないと撮れない写真」なのかな、と思うわけです。そこは、自分なりに意識している部分です。

 

写真を撮り始めてから、それがキッカケで、いろんなところへ出かける理由ができてすごく喜んでいるのですよ。はてなで私のブログを見てくれている方のおかげです。写真については、その楽しさを写真を通じて教えてくれた仲間の存在が大きいです。モトシさんやイチローさんやタカヒロさんやジェミさんです。ちなみに、最近の写真はモトシレンズばっかりです。

 

写真は深いなあ、と思います。でも、深いと思うからすごく惹かれるんです。誰にでも簡単に習得できるものなんて、つまんないでしょ?写真は、底なし沼みたいな感じがしていて、それが魅力なんですよ。いつまでたっても100%の満足で撮れないって、最高じゃないですか。死ぬまで、これで楽しめるじゃないですか。

 

テクニックは自然に身につければ良い。というよりも、必要になったら何が何でも手に入れようと自分がすると思うのです。例えば、定光寺駅前の、あの廃墟ホテルを目の前にして、シャッターを押したとしましょうか。家に帰って写真を見てみたらうまく撮れていなかったら、泣きますよね(笑)。泣きながらも、なぜうまく撮れなかったを悔み、考えると思うのです。自分に何が足りなかったのか、と。そこで始めて、知識やテクニックを補い、身につければいいのかな、と。

 

それよりも、私はまたどこかへ行きたい。いろいろなところへ行きたい。そして、撮ってきた写真を肴に、はてなでつながっているみなさんと、おしゃべりできればいい。今はそれしか考えてない。

 

写真も、ブログも、ほんと、楽しいわ。

 

以上。 

追伸:

どうやら、この定光寺駅前の写真が7月15日にflickrのExploreに選ばれたらしいです(こちらのページです、500枚あるらしいのですいません)。アクセス数がこの写真だけ桁違い(348view)だったのでおかしいな?と思ったんですよね。恥ずかしながら、flickrのExploreが何かも知らなかったです。要はflickrのその日のベスト500に選ばれてしまったことで、世界中の人が定光寺駅前の廃墟ホテルの写真を見たってことですね。2011年の4月からflickrを始めて、1200枚程度の写真をアップしていますが、こんなことはもちろん初めてで、自分でも驚いています(この先も、もうないかも)。まぐれ当たりだと思いますので、こんなことでうぬぼれずに、淡々と写真をアップしていこうと思います。

Nature_Road_10