読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sakak's Gadget Blog

商店街、街並み、旅先で出会った瞬間を夢中になって撮っています。名古屋。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

【雑記】ブログを書き続けるのは意外と孤独なものである

雑記 ブログ論 イベント Loc:岡崎

ShutterHolic_09

ブログを書き続けるというのは意外と孤独なものだと思う。

そう思う理由の一つに、手応えを感じにくいというのがある。一生懸命綴った言葉が、どこかの誰かに届いたのか、実感を得にくい。

ネット上で、アカウントを囲んで輪を作り「ブロガー同志で仲良く交流しましょう!」とやったところで、その孤独感は根本的に変わらない。むしろ、孤独感を加速させるかもしれない。

そういう思いが、最初は小さなものであっても、何年も続けていくうちに次第に大きくなり、最終的にモチベーションが上がらなくなってブログをやめていくケースというのはあると思う。

私も、もしかしたら(いや、たぶん)今頃、ブログをそろそろやめていた頃だった。「写真」というものに出会わなければ。

 

ShutterHolic_06

ShutterHolic_08

写真は私に、自然と体を動かすキッカケを作ってくれた。これが一番大きかった。

私と同じように写真を撮っている人と、ネットの外で会うキッカケが生まれた。また、メールをいただき、会うことになった人もいるし、私からイベントに出向いたり、お店に出かけてそこから仲良くなった人もいる。写真を始めてから、よりアクティブに自分が動けるように変わった。

写真を表現する手段としてブログを書くことに切り替えたら、ブログを書くことが楽しくなった。

  ShutterHolic_04

開催中の写真展で、写真を見に来てくれた人と直接会って、話をする機会がいくつもあった。

ある方は、私のブログの感想を話してくれた。

ケイスケさんのブログを読んでいます、と。この記事に書いてある、このフレーズがすごく良かったんですよ、と言ってくれた。

面と向かって伝えてくれたその言葉は、私の胸に強く響いた。

ブログだけをやっていては、なかなか手に入れられない実感だった。「孤独ではないんだ」と感じられる瞬間でもあった。

私がブログを続けることを、写真が救ってくれた。

写真というものに出会わなければ、きっと私はブログはやめていた。

写真展の開催中に撮った写真です。岡崎は、すごく良いところ。大好きな街になりました。

▼松應寺/岡崎市松本町

Okazaki_Syououji_04 Okazaki_Syououji_03

▼Libra(りぶら)岡崎市図書館交流プラザ

Okazaki_Libra_03

▼乙川

ShutterHolic_01

※お知らせ:浅野祥雲写真展をSHUTTER HOLICで開催しています!(11月30日迄)

以上。