読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sakak's Gadget Blog

商店街、街並み、旅先で出会った瞬間を夢中になって撮っています。名古屋。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

若い太陽の塔を見てきた(愛知県犬山市)

写真 Loc:犬山

Tower_of_the_Young_Sun_07

愛知県犬山市というところに、日本モンキーパークという遊園地があるんですね。そこに、岡本太郎氏制作の「若い太陽の塔」があるので、じっくり見てきました。

太陽の塔といえば、岡本太郎氏の大阪万博の「太陽の塔」が有名なのでご存知かと思いますが、この「若い・・・」のほうは、知らない人も多いですよね?愛知県民にも浸透していないと思います。

けっしてバッタモンとか模造品とかではないんです。しかも、制作は大阪万博の「太陽の塔」の1年前。こっちのほうが元祖的な。(プロトモデルらしいですね)

若い太陽の塔Wikipediaより)

岡本太郎による彫刻作品。1969年に完成し、翌年の日本万国博覧会に設置された太陽の塔のプロトモデルとされる。地上7メートルのところに展望台があり、2003年まで一般公開されていたが老朽化により閉鎖。2010年に限定公開された際に好評を博したため、岡本太郎生誕100周年記念に合わせて施設の改修工事終了後の2011年10月より再び一般公開された。高さ26メートルで、直径4メートルの顔と11本の炎で燃え立つ太陽を表している。修復にかかった費用は、道の整備を含めて総額約3000万円で、その内約400万円は各地から寄せられた約320人の寄付で賄われたという。同園のシンボルタワーで岡本太郎の作品の中で三番目に大きい。

つまり、本物なんですね。

じっくりと眺めてみると、なんかこうグイグイ惹きつけられるものがありました。大阪万博太陽の塔も見てみたくなりました(まだ実物を見たことがないので)。

日本モンキーパークは大盛況だったんですが、若い太陽の塔がある丘の上は、私達以外は誰もいませんでした。「そこに何かあるのは知っているけど、見て見ぬふり?」的な扱われ方は、どこかのコンクリ像と似ている(苦笑)。そういうのは、私の大好物です。

■若い太陽の塔

Tower_of_the_Young_Sun_01 Tower_of_the_Young_Sun_02 Tower_of_the_Young_Sun_03 Tower_of_the_Young_Sun_06 Tower_of_the_Young_Sun_04 Tower_of_the_Young_Sun_05

天気が良い日は、螺旋階段を上がったところにある展望台からの眺めも良いですよ。

ガンダムワールド2015

日本モンキーパーク内で、ガンダムワールド2015というイベントが開催されていました。せっかくなので、「ガンダムが好きだった」という友人の解説付きで回ってきました!

ガンダムのことは詳しくはよくわからない私でも、友人の解説のおかげでかなり楽しい時間を過ごせました。

GUNDAM_04 GUNDAM_03 GUNDAM_02 GUNDAM_01

個人的には、この昭和的なグッズがツボでした。ちなみに、ガンダム名古屋テレビ制作のアニメです。

■栄、久屋大通公園

犬山市を離れまして、名古屋の街へ。

ここ数日の名古屋は、初夏の陽気というより、炎天下って感じですね。気温が28度とか?昼間からビールが飲みたくなりますよね。

ま、そういう需要があることをわかっているのか、「ベルギービールウィークエンド名古屋」っていうイベントをやっていて盛況でしたね。

Sakae_06 Sakae_05 Sakae_04 Sakae_01

■今回使っていたレンズ

4月に出たばかりのレンズです。28mm/F2。実売5万円台です。αシリーズのレンズにしてはコスパ高いと思いました。広角レンズだけど開放ではけっこうボケもキレイでした。

いつも持ち歩いているレンズのバリエーションは35mm/55mm/85mmなんですけど、今日は、すべてこのレンズ(28mm)で撮っています。

35mmと28mmって、数値的にはちょっとの違いですけど、あとちょっとの違いで撮れたり撮れなかったりする絵があるので、侮れないですよね。ワイコン使うと21mmにも変身しちゃうこのレンズ、気に入りました。

以上。