Sakak's Gadget Blog

商店街、街並み、旅先で出会った瞬間を夢中になって撮っています。名古屋。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

日本最古と言われる竹瓦小路アーケードを見てきた(別府)

BEPPU_21_35mm

現存する日本最古のアーケードがある竹瓦小路を別府(大分)で見てきた。

別府に家族で定宿にしているホテルがあり、そこに行く途中で立ち寄ってみた。木造アーケードとネオンの雰囲気がとても美しく、感動した。

JR九州 883系 ソニック

名古屋から小倉まで、新幹線で約3時間。小倉から別府まで、ソニックに乗って約1時間。わりとシンプルなルートになるので、思ったより移動の疲れは少ない。

BEPPU_01_35mm

油屋熊八/別府駅

駅前にあるこの面白いポーズの像。「別府観光の父」と言われている油屋熊八さん。この方がいなければ、別府の名を全国に広めることができなかった。別府では「神」なんでしょうね。インパクトある像のポーズで、とても印象に残る。

BEPPU_02_35mm

べっぷ駅市場

駅の高架下(南側)にあるのが、このべっぷ駅市場。惣菜や果物、魚などが売っており、例えばこちらで買ったものをホテルで食べるなどもアリかと。

BEPPU_03_35mm

ソルパセオ銀座

BEPPU_04_35mm

竹瓦小路

1921年(大正10年)に完成した現存する日本最古のアーケード。近代化産業遺産に認定されている。別府竹細工の照明が印象的。

BEPPU_05_55mm BEPPU_06_35mm BEPPU_07_35mm

竹瓦温泉

竹瓦小路を抜けた先に現れるのが、市営の共同温泉である竹瓦温泉。別府温泉のシンボル的な存在。登録有形文化財、近代化産業遺産に認定されている。

入浴料は、なんと100円。別府の街の中にはこのような共同温泉がたくさんある。

BEPPU_08_35mm

ろばた仁

夜飯は、別府駅前通りのこちらのお店。海鮮をはじめとして、地元の食材を使った料理が美味しかった。日出ポークスペアリブや、琉球丼ぶりは特に気に入った。

(公式サイト)ろばた仁

・刺身盛り合わせ

BEPPU_09_35mm

・日出ポークスペアリブ炭火焼

BEPPU_10_35mm

琉球丼ぶり

琉球(りゅうきゅう)という名前が付いているけど、大分の郷土料理らしい。サバやアジといった鮮魚を醤油や生姜などの入った漬けに浸したもので、すごく美味しかった。

参考:

大分に「りゅうきゅう」あり 名前もうまい海の幸|フード・レストラン|NIKKEI STYLE

BEPPU_11_35mm

食事を終えて、夜の別府の街を少し歩いてみた。ネオン街を撮り歩くのも楽しい。

別府タワー

名古屋テレビ塔通天閣に次ぎ、日本で3番目に建てられた高層タワー。どことなく懐かしさを覚えるこのフォルム。翌日は展望台にも登ってみた。

BEPPU_12_55mm

やよい天狗(別府やよい商店街)

BEPPU_13_35mm

新宮通り

BEPPU_14_55mm

竹瓦小路

夜になってより魅力が増している。素晴らしいアーケードだ。

BEPPU_15_55mm BEPPU_16_35mm BEPPU_17_35mm

竹瓦温泉

BEPPU_18_35mm

ソルパセオ銀座

BEPPU_19_35mm

・別府 ジェノバ

夜遅くまでやっているジェラート屋さん。飲んだ帰り道に立ち寄れる。ハイカラなおじさんが対応してくれた。

BEPPU_22_35mmBEPPU_20_55mm

お題「好きな街」

3年前に別府に降り立った時は、すぐにホテルに引き込んでしまい、街歩きをまったくしていなかった。今回、あらためてこの街の面白さに気がついた。夜の別府の街は華やかで良い。好きな街がまた一つ増えた。

今回の九州旅の記事

関連する過去記事

商店街マップ

過去に訪れた商店街とブログ記事をリンクさせています。

使っていたカメラとレンズ

以上。