Sakak's Gadget Blog

商店街、街並み、旅先で出会った瞬間を夢中になって撮っています。名古屋。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

美濃・うだつの上がる町並みを見に行ってきた(岐阜)

Gifu_99_35mm

岐阜県美濃市にある「うだつの上がる町並み」を初めて見てきた。国の重要文化財に指定される家や町家を利用した飲食店や雑貨屋、美濃和紙店に立ち寄り、満喫できた。

帰りに、関市板取村にある「名もなき池」(通称:モネの池)にも行った。

”うだつ(卯建つ)”とは

屋根の端に設けられた防火壁で、装飾性を競う豪商らの富の象徴でもあったそう。

うだつを上げるためにはそれなりの出費が必要だったことから、これが上がっている家は比較的裕福な家に限られていた。これが「生活や地位が向上しない」「状態が今ひとつ良くない」「見栄えがしない」という意味の慣用句「うだつが上がらない」の語源のひとつと考えられている。

うだつ - Wikipedia

Gifu_40_35mm

うだつの上がる町並み

Gifu_01_55mm

町並みの規模をざっくり言うと、この下の写真のような町並みが2列あり、それぞれが1キロくらいの長さ。愛知県犬山市の城下町よりも長いと思う。派手さはないけれど、町全体の落ち着いた雰囲気は良い。

和紙を取り扱った店、飲食店などが多い。観光客向けに偏り過ぎていないのも好感が持てる。銀行もあったり服屋さんもあったりと、地元の方たちの商店街という役割も担っているようだった。

毎年10月に行われている美濃和紙あかりアート展に、いつか行ってみたい。

参考リンク(公式サイト):美濃和紙あかりアート展

Gifu_02_85mm Gifu_03_35mm Gifu_04_35mm Gifu_05_35mm Gifu_06_35mm

写真からはなかなか伝わらないと思うけど、当日は地獄のように(笑)暑かった。お茶したり、和紙のお店に入ったりと、こまめに休憩したので大丈夫だったけど、やはり涼しい季節がオススメかな。

Gifu_07_55mm Gifu_08_35mm

和紙の店・紙遊

この店がとても気に入った。和紙を使った雑貨類もお土産に購入。

※店内の写真撮影のOKをもらいました。

Gifu_11_55mm Gifu_12_55mm Gifu_13_55mm Gifu_14_55mm

手造 らんたんや

こちらのお店で、美濃和紙で作ったちょうちんをお土産に買った。お気に入り。

Gifu_00_55mm

茶房とみや(築180年の古民家カフェ)

店内の雰囲気も良く、冷たいわらび餅が美味かった。

お題「夏に食べたいおやつ」

Gifu_20_35mm Gifu_21_35mm

美濃町家 Mam's

町並みに馴染むアットホームなパン屋さん。パンも飲み物も美味しかった。

Gifu_22_35mm

名もなき池(岐阜県関市板取村)

水がキレイで、池のそこまでしっかり見えていた。確かに独特の雰囲気がある。

色合いがカラフルで、写真にすると映える。とくに高解像度で高コントラストのiPhoneのディスプレイで見ると(実物以上に)写真映えするので、SNSで話題になったのも納得だった。

Gifu_33_35mm Gifu_32_35mm Gifu_31_35mm Gifu_30_35mm

使っていたカメラとレンズ

参考リンク

以上。