Sakak's Gadget Blog

商店街、街並み、旅先で出会った瞬間を夢中になって撮っています。名古屋。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

【ガジェット】中身が無ければ、ただの高価なテレビで終わる

f:id:keisuke9498:20111208225050j:image

「来夏には、大半のテレビに Google TV が組み込まれる」(Google会長談) -- Engadget Japanese

組み込むのは自由なんだけど、それが成功するかどうかは、中身次第なんだよ。

Appleも、Googleも、最大の焦点は、番組コンテンツをプラットフォームにどう引き込めるか、だろうね。Apple(iTV)の場合、App Storeにどれだけのコンテンツがのるか、で、うれしさが全然違うと思う。日本だけ、蚊帳の外にならなければいいけど。例えて言うと、iPodが発売されて、iTunesストアがオープンしたけど、日本の楽曲は買えません、みたいな状態は避けたい、と。そうなったらさみしいよね。

 テレビをあまり見なくなった人も多い中で、テレビに呼び戻すためには、やっぱり、中身がいる。Appleの優れたデザインのハードウエアに、優れたUIの入力手段、そこに、「1クリックで番組が買えるソリューション」は、マストな気がする。

 でも、それって、AppleGoogleだけではどうしようもできない世界なんだよな。番組の権利を持っているテレビ局と、それを取り巻く巨大な組織を、どう納得(説得)させるのか。というか、説得なんて生易しい手口では、たぶん無理。「このプラットフォームのビジネスに乗っからないとテレビ局は潰れる」くらいな状況を作ること。それしかないね。

なんか、歯がゆいよね。テレビ局だけじゃなくて、きっと、広告代理店から、テレビを作っている電機メーカーから、もう、そのへん、全てに影響する話で、ビジネスモデルが、大転換するわけで。お金の流れも、誰が儲けるかも、大きく変わってしまう。命がけで抵抗すると思う。でも、それくらい大きな変化がなければ、テレビはもっと落ちていく。誰かがぶち壊してほしい。