Sakak's Gadget Blog

商店街、街並み、旅先で出会った瞬間を夢中になって撮っています。名古屋。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

【ブログ論】ブログの味を知っている人・知らない人

IMG_8697

■細くて儚いつながり

細く儚いつながりだからこそ - 雪見、月見、花見。

雪見さん(id:snowy_moon)の書いた記事を読ませてもらって、刺激をもらったし、さらに思うところがいくつかあった。

 

「細くて儚いつながり」だからこそ、大切に思うという部分はたしかにある。そのつながりを大事にしたいとか、人に優しくありたいとか、せっかく見に来てもらったんだから、少しでも心に引っかかるものを伝えたいとか。毎日、仕事場で顔を見合せている人や寝食を共にしている家族には、なかなかそういう緊張感では接していないからね。もちろん、仕事場の人や家族には安心感という他に代えがたいものがあるのだけど。

 

遊びの中で、こういう緊張感や感動を与えてくれるものというのは、他にそうそうないな、と思っていて。だから私はブログをやっているのかな、と。

 

■ブログの味を知っている人・知らない人

ブログをやったから初めて知ることになるこの感覚は、知っている私としてはとてつもなく魅力的であるのだけど、逆に言うと、味わったことのない人は理解しがたいだろうなとも思う。味を知っている人と知らない人が共存する世界が、これからのネットの特徴なのかな、、、と。

 

Facebookの中だけで発信している人」と「ブログというオープンな場所で発信している人」とは、やっぱり知っている味の厚みが違う。Facebookという檻の中にいると、危険も少ないが旨みも少ない。おそらく、その「旨み」の意味が、Facebookの中で遊んでいては気づかない。

 
ブログのコメント欄に「心ないコメントを書きなぐって去っていく人」が稀にいるけど、そういう人こそ、ブログの味を知らない。味を知らないどころか、書いている人がどういう気持ちでブログを書いているのか想像ができていない。もちろん自分でブログを書いたりしたことはない。
 
例えば、TV番組を見ていて「ちぇ、つまんねーな」とつぶやくことは誰でもある。でも、それを家族の前でつぶやくことと、ブログのコメント欄に書くこととは、(ブログを書いている我々から見れば)全く意味が違う。だがおそらく、彼らは同じ感覚でそれをやっている。
(だから、変なことを書き込まれても気にすることはナイっすよ。私も何度もありますよ。”書く場所を間違えてませんか?”って思って、バッサリ削除しておけば終わり。)
 
TV番組にぶつける言葉とブログにぶつける言葉を同じにされては困る。ブログは誰かがどこかで書いているのだ。ブログを書いている人それぞれの思いは違えど、個人が書いているのだ。
 

■ブログを書いている人の気持ち

(インターネットは)みんなが楽しくやっていく、という性善説的な考えだけでは(残念ながら)やっていけない。でも、ブログの味を知っている人は例え嫌な気持ちに陥りそうな出来事が起きても、きっと、また立ち上がれるんじゃないかと思うんだよね。

 

それはなぜかというと、ブログの味を知っているから。ブログでつながることができた人たちや応援してくれる人たちの存在があるから。ブログを書いている時の自分の高揚感とか、書いた後の満足感とか、褒めてもらった記憶があるから。きっとそういう「味」が力になるから。

 

やっぱり、味を知っている人と知らない人との差は大きい。今日も私はその味を噛みしめながらブログを書く。

 

以上。