Sakak's Gadget Blog

商店街、街並み、旅先で出会った瞬間を夢中になって撮っています。名古屋。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

【ガジェット】大人の価値観で作られたクルマでは売れない

このCMは「今の時代はどんなクルマが求められているのか」を気づかせてくれる何かを感じた。

 

松山ケンイチを採用したところは正解だと思う。彼の口から出てくることは、まず、説得力が加わる。彼自体が役者である前に、一人の若者だから。そして何より、iPhoneアプリでクルマを簡単に制御できていることをこの短いCMで、的確に伝えている。このCMは、若い男の子達にも響くのではないだろうか。「クルマにITを導入すればいいんでしょ?」っていう、大人の押し付けとは違う、うまい演出だ。

 

若者のクルマ離れという言葉はよく聞く。だが、その言葉を使っているのは大人だ。なぜクルマから離れたか、若者に聞いたことはあるのだろうか?

 

お金がかかる。維持費もかかる。それは、賛同できるでも、理由は本当にそれだけか?

 

じつは、大人の私でも、最近のクルマからは気持ちが離れている。心が動かされるクルマが無くなった。

 

その意味を、このCMを見ながら考えていた。クルマから離れいてた私が、この日産Leafのコンセプトは、とても魅力的に感じた。うまく言葉では言えないが、今までのクルマとは決定的に違う何かを感じた。

 

若者のクルマ離れって、本当はもっと違う視点で捉える必要があるのではないか?

 

その1つに「大人の価値観で作られたクルマでは売れない」ということなのではないだろうか。

 この動画にも、松山ケンイチ含め、大人は1カット足りとも出てこない。若者しか出てこない。こういう伝え方は、若者に響くと思う。演出がうまい。

以上。

■関連記事

【クルマ】若者がクルマから離れたのではなく作り方が時代についていけなくなっただけ: Sakak's Blog