読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sakak's Gadget Blog

商店街、街並み、旅先で出会った瞬間を夢中になって撮っています。名古屋。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ論

自分らしさは自分にはわかりにくい

”自分の良さ”、”自分らしさ”、”ありのままの自分”、そんな言葉をよく目にします。 私だけなのかもしれませんが「自分のことって、わかっているようでじつはよくわかってない」って思うんですよね。 だから「自分探しとか、自分らしさを出していこう」的な、…

【雑記】ブログを書き続けるのは意外と孤独なものである

ブログを書き続けるというのは意外と孤独なものだと思う。

【雑記】刺激を受けて、自分を変えていく

「刺激を受けて自分を変えていく」ことが、今はとても嬉しくて、だから今日はそれを伝えたくて記事を書きます。 (写真は、愛知県岡崎市のロンスタさん(id:lonestartx)のお店(SHUTTER HOLIC)付近のものです。お店に遊びに出かけた帰り道に撮りました。)

【雑記】ブログを書き続ける理由は、好きだからだけじゃダメですか?

トピック「書き続ける」について。 ふだん、あまり「お題」とか「トピック」にはのっからないのですが、今日はちょっとだけ、のっかっちゃいます。

【雑記】好きなことだけをやり続ける

珍しく、ブログについて少し書きたいと思う。ブログへのスタンスとか「好きなことだけをやり続ける」ということが大事だと思うこと、とか。定光寺公園の謎の石像について、新聞取材を受けた話も最後に書きます。

【雑記】ブログは何もしてくれない

「ブログとは何か」的なことを過去にときどき記事に書いてきました。そのことへの、私自身へのアンサーとして「ブログは何もしてくれない」という記事を書いてみようと思います。

【ブログ論】気持ちよく書くこととリアクションの取り方

ブログ論について書くことは、これがたぶん今年最後になると思います。ブログについて、最近、考えていたことを2つのテーマにしぼって書きたいと思います。

【雑記】誰かの記憶に残るモノ

記憶 ブログで文字を綴ることから少し引いて、考えてみた。 自分の綴ったテキストや写真が、どこかの誰かの目にとまり、そしてそれが(いつか)どこかの誰かの記憶に残るようなモノになったら、うれしいよな。。と。漠然と思った。

【ブログ論】ブログが書きにくくなった理由と書きやすくした方法

ブログが少し書きにくくなっていました。その理由と、書きやすくするために取った方法について書きます。 ・書きにくくなった理由1「書きたいことがうまく出せなくなった」 書きたいことが思いつかないわけじゃない。むしろ、書きたいことは頭にいくつも浮…

【雑記】高度に発達した飲み会は夢と区別がつかない Part3

週末に、モトシさん(id:motosix)、タカヒロさん(id:takahiro91)、ジェミさん(id:gemini_goldst)、ケニーさん(id:kenny1991)と、大手町で飲みました。ケニーさんはお初だったんですけど、その他のメンバーとは3回めです。イチローさんは今回は旅行中…

【ブログ論】自分に見えている世界、見えていない世界

根拠のない自信 1990年代の中頃から、趣味でインターネットに記事を書くことを始めた。 自分が若かった(20代半ば)からなのか、自分の考えたことに「根拠のない自信」があって、頭に思いつくことを、どんどん書いて、次から次へとアップしていた。3…

【雑記】ブログは、ブログサービスの上で作られていく

okkoさん(id:okko326)のこのブログ記事で、数日前に知りました。(私にとっても大切なブログ友だった)彼が亡くなったとの悲報でした。zeppさんは、私のブログ記事にもよくコメントをくださっていました。 彼のブログが好きでした。彼のブログの中で、彼の…

【ブログ論】新しい環境は自分を変える

自分を変えるために この為末氏のツイートが、私の中でヒットした。 今までの場所で、今までの人達と会いながら、今までの自分ではない存在になろうとする事はとても難しい。 — 為末 大 (@daijapan) March 15, 2013 私は(同窓生を中心とした)既存の仲間で…

【ブログ論】他人に預けた自分の評価以外に自分を支えるものがあるか

自分の評価を他人に預けすぎるとどうなるか 過去に多くのはてブが付いたhase0831さんの記事ですが、久しぶりに読み返した時に「おや?」と思ったことがあったので、紹介させていただきます。 hase0831さん(女性)が、男性との出会いを求めて過去にいろいろ…

【ブログ論】他に代わりがないもの

お二人の記事を読んで共感した方も多いと思う。私もその一人です。 ▼ブログってやつぁいったい - ひぐらしPCに向かいて by okkoさん (id:okko326) ▼どうでもいい人の書くどうでもいい日記。 - 11月のヤンキー。〜モノスヤの食いブロ食ログ〜 by モノスヤさ…

【ブログ論】”誰にでも受けるもの”は誰にも訴えかけない

誰かにしか受けないもので良い、それを私がやりたいのなら カリスマ書店員の間室道子さんの言葉より。 ▼間室 道子 THE CONCIERGE BOOK | 代官山 蔦屋書店 間室からすれば、この〝誰のために〟という設定は、書店に限らず何かを創り出そうとする際の核になる…

【雑記】高度に発達した飲み会は夢と区別がつかない Part2

■夢の続きのようだった ブログ・写真つながりの、モトシさん(id:motosix)、イチローさん(id:ichiro_s)、タカヒロさん(id:takahiro91)、ジェミさん (id:gemini_goldst)と、5月以来の飲み会(2回目)を昨夜、東京(丸の内、有楽町)でやってました。上…

【ブログ論】もしもはてなブログのサーバデータが消えたなら

■はてなブログにバックアップ機能がないこと ▼Flickrが人的ミスにより利用者アカウントを削除:5年間分、4,000枚の写真が消失 | TechCrunch Japan(2011年2月3日) はてなブログだって、こういう話は他人事ではないと思っています。 影響範囲は大小いろいろ…

【雑記】ブログ運営側とユーザ側と目指してるものが違う

■はてなブログ グループという新機能について 一言で言うと、はてなブログ全体の「共通のカテゴリーを作った」というだけのことでしょうか。インデックスですね。 ただし、記事毎ではなく、ブログ毎のカテゴリーですよね。1つのブログが、1つのカテゴリー…

【ブログ論】クローズドなネットコミュニティは5人くらいがちょうどいい

■はじめに クローズドなネットのコミュニティのありかたの話です。例えば、Facebookのようなサービスをイメージしてください。今日は「心を通わせるにはそもそも人数に限りがあるんじゃない?」という話と「簡単に作れて簡単に終われるような少人数コミュニ…

【ブログ論】自分で考え、自分で答える

■自分で考え、自分で答える、それがブロガー ▼ザ・インタビューズ - 聞かれるなら答えます 「ザ・インタビューズ」とはソーシャルサービスの1つ。無料のユーザ登録をすると、誰かにインタビューされる、そしてそのインタビューに答える。でも、誰にインタビ…

【ネット全般】「食べログの口コミ」ではなく「食べ歩いた人のブログ」が見たい

■はじめに 前回の記事で、ネットだけの情報収集の限界について書きましたが、だからといって、ネットによる情報収集を否定しているわけではないんですね。私もネットに日々、アクセスしているわけですし。 ネット上にある数多くのデータから、信用できそうな…

【ブログ論】ブログに最も期待している機能はアーカイブしやすさと探しやすさ

■かつて、ブログにコミュニケーション機能が欲しいと考えていた 2010年頃からブログを始め、1年、2年と続けていく過程で、ブログのコミュニケーション機能が不足していることを不満に感じるようになりました。読んでくれている人とうまくコミュニケー…

【雑記】高度に発達した飲み会は夢と区別がつかない

■夢のような時間 タイトルは、SF作家アーサー・C・クラークのクラーク三原則の1つ「高度に発達した科学は魔法と見分けがつかない」からのパクリ。でも、一度、ブログのどこかで使ってみたかったんですよね。 昨夜、本当に「あれは夢だったのではないか?…

【ブログ論】どういう読み方をしているのか書いている人にはわからない

GWの休み疲れが今頃になって来ている感じ。なんか調子が狂ってる。フィジカルというよりメンタル的によろしくない。何でだろうか。仕事の事とかプライベートな事とか、いろいろあるとしても。 ■ブログの読み方は人それぞれ 調子が狂っている時はブログを書く…

【ブログ論】続くブログと続かないブログ

■はじめに 続くブログと続かないブログがある。続けられる人と続けられない人という言い方もできる。 続けるために必要なことって何だろうか?ってことを私の経験を交えて書こうと思う。あくまでも、私自身が体験したことであって、誰にでも当てはまるわけで…

【ブログ論】完成度より熱量優先で

■見るまでは着地できないよ ▼はてな村はウンコ好きなヤツばっかり : web-g.org 「ブログへのコメントとは自分のウンコ」っていう例えが強烈なので、目を引く。でも、言っていることはよくわかるし、ブログを書き続ける過程でいろいろあって、こういう結論に…

【ブログ論】自分からハードルを上げない

■撮影旅行にはまだ早い 私が撮っている写真って、ほとんどが、家族で出かけた時などに「ついでに」撮った写真です。写真を目的にわざわざ出かけていくことは、ほとんどないです。 それは、時間的余裕がないこともありますけども、もう一つ、大きな理由があり…

【ブログ論】目に止まった風景と、自分らしさとは何かという話

■目に止まった風景(愛知県犬山市) 愛知県の北西に、犬山市っていう城下町があるんですね(国宝犬山城あり)。その城下町をブラブラしてきたわけなんですけど、目に止まったのはこのパン屋さん(実は、行くのは2回目)。以前、雑誌に紹介されていたので、…

【ブログ論】ブログを生活に溶かしていく

■溶かしちゃえば良い もうね、ブログ論的なことをしゃべることも、そろそろいいかな、って思ってきました。(といいながら、また今日も書くけどね。) 「そろそろいい」っていう意味は、わざわざ言及する必要もないかな、と。ブログなんてものは、生活に溶か…

【ブログ論】評価し合える場所にいたい

▼【Diary】ネットに育てられたと思っていること 先日書いたこの記事のなかで「評価してもらう」ことが大切だ、と書いた。評価してもらう、とはどういうことかを、具体的に書いてみたい。 ■写真共有サイトflickrで異国の人たちとのやりとりがある 例えば、fli…

【ブログ論】ブログに求めるのは手軽さではなくコダワリ

■ブログ論を読んで ▼やっぱり「日本人にはブログより日記」なのかも - カイ士伝 こちらに書いてあるブログ論を読ませていただいた。賛同できることと、私の考えとは違うなあと感じることがあった。 賛同できたこと: ・「別にブログは終わったわけでもなくた…

【ブログ論】ネットに育てられたと思っていること

今、ここに立っている私はネットに育てられたのだと思っている。ブログも、写真も、みんなそう。 以前のブログで(ブログサービスに何を求めるかという話で)「数字でも金でもない、みんな自分のやりたいことをやればいい」ということを書いた。 それはウソ…

【ブログ論】試験の夢は自信のなさを表す?

私はたまに「試験を受ける夢」を見るんですね。だいたい内容はいつも同じで、私だけ試験の準備を全くしていない状況で、「やべえ、どうしよう」みたいな空気がひたすら漂っているという寝起き後の後味の悪い夢です。つい先日の夢では大学の入学試験という設…

【ブログ論】数字でもなくお金でもない、ただやりたいようにやりたいだけ

▼アマチュアリズムという幻想 - 24時間残念営業 面白い。共感するところ多し。世代も同じだし、ネットに関わった時代も似ているから特にそう思うのかもしれない。 これ読んだら、私もなんか書きたくなったので、自分はブログサービスに何を求めてんだろう…

【ブログ論】ブログの面白さは「読む・書く」だけじゃない

ブログというサービスのポテンシャルの高さを思い知っている。ブログというのは「読むもの」「書くもの」と思っていたら、まだその魅力の半分も気付けていないのかもしれない。 ■自由という魅力 ブログというのは、何にも「縛られずに」「どう表現するか自由…

【ブログ論】書き言葉と話し言葉

「書き言葉」と「話し言葉」というのがあるのだとすると、私が書いているブログは話し言葉に近いような気がします。基本的に、私はおしゃべりが好きです。そして、飲んでなくても(笑)よくしゃべる。その「おしゃべり」と「ブログ」って関係あるんじゃない…

【SNS】飽きないSNSには何が必要か

▼SNS衰退の理由を考えるとどうしても「人間関係に飽きた」に行き着く | imasashi.net 1年ほど前(2012年2月)に書かれたブログ記事を見つけた。 このブログ筆者は「(SNS衰退の理由は)数年レベルで続く人間関係は一度清算したいという本能が働くのでは」と…

【SNS】本当に言いたいことは誰にでも知られていいはずがない

Facebook関連の記事がネットで話題になることが少なくなった気がしている。気のせいかな?個人的には去年の始めのほうに撤退してからは、投稿はゼロ、まれにRead Only的な状態で現在に至る。使い続けている人、発言を続ける人が固定化されてきているのでは?…

【ブログ論】ブログを書くと化学反応が起きる

■オススメのエントリ ▼なぜ私たちは自分の意見を主張するべきなのか - 雪見、月見、花見。 雪見さん(id:snowy_moon)のブログを読むのが好きです。最近のなかでは、このエントリが特に好きで。何度か読み返しては、共感したり気づかされたり。こういう良質…

【ブログ論】ブログが気づかせてくれるもの

■適性はやってみてあとからわかるもの ▼就活についてのインタビュー (内田樹の研究室) このエントリーの一番最後に出てくる内田氏の言葉を読みながら、なぜか(就活とか関係なく)ブログのことを思い浮かべていた。 以下、一部記事抜粋。 皆さんは就職を考え…

【ブログ論】気持よくブログを書くための盛り上げ方

ブログって、うまく乗りこなすととっても楽しいものだけど、その気持ちをある一定の高さで維持し続けるのって、少しコツがいるような気がするのですよね。誰でも手軽に始められるのだけど、誰でも長く遊べるものかと言われるとそうでもなかったり。 「ブログ…

【ブログ論】ブログの味を知っている人・知らない人

■細くて儚いつながり ▼細く儚いつながりだからこそ - 雪見、月見、花見。 雪見さん(id:snowy_moon)の書いた記事を読ませてもらって、刺激をもらったし、さらに思うところがいくつかあった。 「細くて儚いつながり」だからこそ、大切に思うという部分はたし…

【ブログ論】つながりたい人とだけつながっていたい

■ブログをなぜ書くのか? 「ブログをなぜ書くのか?」というテーマについて言及しているブログ記事を読んで、私も自分なりに思うことを書く。 その記事の中で「ブログを書かなきゃやってられない」というワードが出てきて、それが私の頭の中にしばらく残って…

【SNS】ネットサービスに主導権は握らせない。

■主導権はあくまでも自分が持つ ネットサービスをストレスなく使い続けるには、自分に主導権を持ったまま楽しめるかどうかが大事だと思う。 Facebookに代表されるSNSから私が手を引いたのは、主導権が自分ではなくネットサービス側にあると感じたから。そこ…

【SNS/ブログ論】Facebookを辞める理由、ブログを辞めない理由

Hatena Blog beta(以下、Hatena)のブログサービスで感じる気持ちよさって何だろうって少し考えてみた。 HatenaにはFacebookには感じることのできなかなかった「何か」が確かにある。人との交流の数ではない。交流の数や頻度であれば、おそらくFacebookのほ…

【ブログ論】ブログを続けていると何かが起こる

■続けていくと何かが起こるという魅力 ブログの魅力は人それぞれにあると思う。書きながら自分の気持ちを整理している人もいれば、誰かに思いを聞いてほしくて書いている人もいる。作品の発表の場にしている人も多い。どれもみな正解だと思うし、それで良い…

【ブログ論】自分がブログにどう向き合っているかなんて誰にもわかってもらえなくて良い

ブログやTwitterを見ているだけで、書いている人がどんな人かなんてわからないよ。 その人の作り出したもの(創作物)について良いとか悪いとか(周りが)勝手に評価している、ただそれだけのこと。 自分自身を評価してもらっているんじゃなくて。 私はそれ…

【ブログ論】ブログを書く時・読む時に大切にしているキモチ

■書く時に大切にしているキモチ ブログという「遊び」に参加するというキモチを大切にしている。「自分が作った文章や写真」と「ネット」との組み合わせで実現している「新しい遊び」だと思っている。 1996年頃に初めて自分の書いた記事をネットにのせた。ネ…

【雑記】しゃべると頭が整理される

しゃべりながら頭が整理されていく、という感覚を得ることはないだろうか? 文章を書きながら整理されていくこともある。でも、文章を書いても書いても、うまくまとまらない、あるいは良いフレーズが出てこない時もある。 そんな時、その話題(そのネタ)で…